MENU

高校中退からやり直して、目指す職業へ

高卒資格とは高校を卒業する、または、卒業したという資格のことを指します。
対して、高卒認定とは、高卒資格者と同等以上の学力を有していることを示すものです。
 
高卒認定は聞き慣れないという人も多いでしょうが、
正式には「高等学校卒業程度認定試験」という名前で、略して高卒認定と呼ばれていたり、
さらに略して高認と呼ばれたりすることもあります。
以前は「大検(大学入学資格検定)」という名前で知られていたため「旧大検」と聞けばピンと来る人も多いのではないでしょうか。
大検と高卒認定は異なるものですが、大まかな性格は似ており、これを取得すれば大学受験が可能になるのです。
 
大学や短大進学または専門学校などに入学希望するために定められている条件にはいくつかありますが、
高等学校卒業程度認定試験に合格している人も該当者となります。
つまり、大学受験を受ける対象となるには、高卒資格を得る、
または高卒認定を得る――という2つの方法から選ぶことができるのです。
 
次に、高卒認定を得て大学に進学し、弁護士として活躍している方の体験談を紹介します。
 
「高校中退をしたのは、まず出席日数が少ないことが理由でした。
そのため、進級ができないと思って、そのまま高校中退となったのです。
私の通っていた学校は進学校と呼ばれていて、学校に行くと皆ライバルのような感じで、とにかく受験勉強を中心に毎日が終わるような生活でした。
 
そんな環境で、学校でやっていることが何だかとても退屈でしょうがないと感じたんですよ。
将来は弁護士になろうと考えてはいましたが、高校中退後調べていると、弁護士になるには結局法律関係の大学への進学をすることになるので、そのためには高校中退では無理だということが分かりました。
そこで高卒認定のことを知り、受験をすることになりました。
 
受験をして、晴れて高卒資格を手に入れることができ、そのまま大学へと進学しました。
大学に入学してからは、高校の時と違って、今度は将来の職業の夢が定まっていたことでそのまま勉学に励み、結局大学でよい成績を得ることに成功しました。
高校中退という回り道はしましたが、今は弁護士となり、充実した日々を送っています。」
 
この方の場合は、高卒認定の成功例と言っていいでしょう。
 
なお、大学進学の方法にはこの他にも高専(高等専門学校)から編入するという方法もあります。
自身の目標やライフスタイルに合った方法を検討してみてはどうでしょう。
 
 高卒認定試験【合格保証付き】1日30分高卒認定合格